作品詳細

アイシールド21 10  

アイシールド21 10
メディア DVD 発売日 2006年04月26日
ジャンル TVアニメ 税抜価格 ¥3,800
スペック カラー/89分/ドルビーデジタル(ステレオ)/片面2層/スタンダード
品番:BCBA-2292 販売専用
レーベル EMOTION
発売元 バンダイビジュアル
販売元 バンダイビジュアル
仕様

初回封入特典:キャラクター名鑑 file:10 鉄馬丈
特典:ライナーノート

イメージ

新感覚スポーツ感動アクションが待望のDVD化! "ルールがわからなくてもおもしろい!"
アメリカンフットボールの世界に、ニューヒーロー登場!!
勤勉な天才に、凡人はどうやったらかなうっていうんだ…
「ずっと待ってたんです。自分の高さを活かせる相棒を!」
秋大会目前! ついに走り出したクリスマスボウルへの道!!

内容 製作年度:2005年

【4話収録】
■第37話「遥かなる頂」
 富士山で合宿中の王城ホワイトナイツ。桜庭は進に追いつこうと必死で練習に励んでいた。だが、埋められない実力の差にヤケを起こし、「5年間ムダにした」と言い放って高見に殴られてしまう。桜庭の成長を見守ってきた高見にとって、それは許しがたい言葉だった。一度は合宿所を逃げ出すものの、虎吉との約束を思い出して引き返す桜庭。グラウンドでは進が黙々と走っていた。天才と凡才――その違いに苦悩する桜庭は、庄司監督の話で高見の過去を知る…。
■第38話「レギュラー決定!?」
 2学期が始まり、泥門デビルバッツはレギュラー選手を決める最終テストを行なう。それぞれがデス・マーチでの特訓の成果を見せる中、雪光もまたレギュラー入りへの手応えを感じ、秋大会出場に夢を馳せていた。いよいよ発表の日。順当に挙げられていく名前の中には、まだ泥門生ではない瀧夏彦も入っていた。だが、雪光の名前は呼ばれずじまい。ヒル魔は確実に使える助っ人の佐竹と山岡を選んだのだ。落ちこみながらも前向きになろうとする雪光だが…。
■第39話「クリスマスボウルへの道」
 泥門デビルバッツのチアリーダーになった鈴音は、チームを盛り上げようと応援グッズまで作って大張りきり。ところが、月刊アメフトの取材で「アイシールド21の正体はイケメン」とコメントしたため、テレビ局がアイシールド21にインタビューしようと学校までやってきてしまう。正体がバレないよう、必死に逃げ回るセナ。そんなセナに鈴音は、正体を隠す理由を尋ねる。セナはすべての経緯を話しながら、これまでに戦った試合やライバルたちを思い返していた。
■第40話「決戦前夜!」
 秋大会の開幕まで一週間。デス・マーチを乗り越えたことで自信をつけたセナたちは、試合本番に向け静かな闘志を燃やしていた。ある日、部室での何気ない会話から「一回戦で負ければすべて終わり」という事実に気づいた栗田は、すっかり弱気になり、いつの間にか姿を消してしまう。必死に捜しまわるセナたち。心当たりのあるヒル魔が体育倉庫へ行くと、栗田は跳び箱の中で震えていた。負けることへの不安を訴える栗田を、ヒル魔は冷たく突き放すが…。

スタッフ

第37話 脚本:岸間信明/演出:西森 章/絵コンテ:西田正義/作画監督:本橋秀之
第38話 脚本:中瀬理香/演出・絵コンテ:片貝 慎/作画監督:関崎高明
第39話 脚本:岸間信明/演出:小野勝巳/絵コンテ:西田正義/作画監督:加藤寛崇
第40話 脚本:羽原大介/演出:小野勝巳/絵コンテ:西田正義/作画監督:時永宜幸

原作:稲垣理一郎 漫画:村田雄介(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)/監督:西田正義/シリーズ構成:岸間信明/キャラクターデザイン:高谷浩利/美術監督:柴田 聡/色彩設定:横井正人/撮影監督:赤沢賢ニ/編集:中川晶男/音響監督:松岡裕紀/音楽:大谷 幸/アニメーション制作:ぎゃろっぷ/製作:テレビ東京・NAS 他

キャスト

小早川瀬那:入野自由/蛭魔妖一:田村 淳(ロンドンブーツ1号2号)/姉崎まもり:平野 綾/栗田良寛:永野広一/雷門太郎:山口勝平/十文字一輝:星野貴紀/黒木浩二:岩崎征実/戸叶庄三:前田 剛/雪光 学:堀田 勝/小結大吉:榊 英訓/瀧 夏彦:落合弘治/瀧 鈴音:中川翔子/進 清十郎:郷本直也/桜庭春人:宮野真守/高見伊知郎:浜田賢二/テビルバット:DJ TARO 他

※インターネットで表現できない文字は、別途(カッコ内)に漢字の組み合わせを表現しています。