作品詳細

アイシールド21 3  

アイシールド21 3
メディア DVD 発売日 2005年09月23日
ジャンル TVアニメ 税抜価格 ¥3,800
スペック カラー/89分/ドルビーデジタル(ステレオ)/片面2層/スタンダード
品番:BCBA-2285 販売専用
レーベル EMOTION
発売元 バンダイビジュアル
販売元 バンダイビジュアル
仕様

初回封入特典:キャラクター名鑑 file:03 栗田良寛
<アメフトボール型カードに、キャラクターデータを記載。毎巻人気キャラたちが続々登場>
特典:ライナーノート

イメージ

新感覚スポーツ感動アクションが待望のDVD化! "ルールがわからなくてもおもしろい!"
アメリカンフットボールの世界に、ニューヒーロー登場!!
キャッチの達人・モン太登場! レシーバーを得た泥門デビルバッツは勝利を掴めるのか?!
目指せヒーロー! 雷門太郎、キャッチMAX!!

内容 製作年度:2005年

【4話収録】
■第9話「キャッチの達人」
 秋大会に向けて、新入部員集めを始めた泥門デビルバッツ。まず必要なのは、ヒル魔のパスをキャッチできるレシーバーだった。セナは知り合ったばかりの野球部員・雷門太郎(モン太)に声をかけてみるが、野球でキャッチのヒーローを目指すモン太は、その誘いをきっぱりと断ってしまう。そして、ついに迎えた野球部レギュラー発表の日、なんとモン太は皮肉にも三軍落ちを告げられてしまう。そんなモン太に、セナはアメフト部ならキャッチの才能を生かせるはずと訴えるが・・・。
■第10話「ヒーローの資格」
 試合中にケガをさせてしまった桜庭が入院していることを知ったセナは、主務としてモン太と一緒にお見舞いに行くことを決める。一方、その頃桜庭はファンやマスコミから実力以上にヒーロー扱いされてしまう自分に悩んでいた。中学生の時に一緒にアメフトを始めた進とは、どんどん実力の差が開いていく現実。落ちこむ桜庭の様子に、セナたちも声をかけるきっかけが掴めない。そんな桜庭の隣で入院していたのは、桜庭に憧れるアメフト好きの少年・虎吉だった…。
■第11話「夕陽の誓い」
 モン太が加わり、泥門デビルバッツのやる気ムードも盛り上がってきた。ヒル魔は部の宣伝も兼ね、練習試合をやることにする。相手はラフプレーで有名な賊学カメレオンズ。エースの葉柱ルイは、腕の長さが特徴のラインバッカーだった。そんなある日、モン太と買い出しに出かけたセナは、偶然にもトレーニング中の進と出会う。セナを見て、すぐにアイシールド21だと気づく進。その時、モン太が部費をひったくられてしまう。セナと進は協力して犯人を追い詰める!
■第12話「キャッチ!マックス!!」
 ついに始まった賊学との試合。乗り込んできた賊学メンバーの凶悪っぷりと、負けた方がパシリになるという条件にビビッてしまうセナ。だが、これがデビュー戦となるモン太は大張りきりで、泥門の攻撃はアイシールド21の走りしかないと思い込んでいる賊学の裏をかき、試合開始早々、キャッチでタッチダウンを決める。そんなモン太に勇気付けられ、自分もがんばろうと決意するセナであるが・・・。

スタッフ

第9話 脚本:川瀬敏文/演出:ワタナベシンイチ/絵コンテ:西田正義/作画監督:丸山泰英
第10話 脚本:岸間信明/演出・絵コンテ:山口美浩/作画監督:高橋和徳
第11話 脚本:中瀬理香/演出・絵コンテ:大庭秀昭/作画監督:三井 寿
第12話 脚本:羽原大介/演出・絵コンテ:片貝 慎/作画監督:関崎高明

原作:稲垣理一郎 漫画:村田雄介(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)/監督:西田正義/シリーズ構成:岸間信明/キャラクターデザイン:高谷浩利/美術監督:柴田 聡/色彩設定:横井正人/撮影監督:赤沢賢ニ/編集:中川晶男/音響監督:松岡裕紀/音楽:大谷 幸/アニメーション制作:ぎゃろっぷ/製作:テレビ東京・NAS 他

キャスト

小早川瀬那:入野自由/蛭魔妖一:田村 淳(ロンドンブーツ1号2号)/姉崎まもり:平野 綾/栗田良寛:永野広一/雷門太郎:山口勝平/十文字一輝:星野貴紀/黒木浩二:岩崎征実/戸叶庄三:前田 剛/石丸哲生:加藤 啓/進 清十郎:郷本直也/桜庭春人:宮野真守/葉柱ルイ:遊佐浩二/ミラクル伊藤:赤星昇一郎/テビルバット:DJ TARO 他

※インターネットで表現できない文字は、別途(カッコ内)に漢字の組み合わせを表現しています。